角層 化粧品

MENU

角層までってナニ?化粧品って肌の奥まで浸透しないってホント?

基礎化粧品の広告などを見ていると「浸透」って言葉がよく出てきます。

 

でも普通の化粧品て肌に浸透しないって知ってましたか?

 

私は知らなかったです。

 

化粧品のホームページに「浸透」って書いてあったらほぼ100パーセントの確率でどこかに「※角層まで」って書いてありますよね?

 

あの「※角層まで」って言うのがすごく気になったので調べてみました。

 

アクアフォース,口コミ,効果,評判,評価

 

化粧水は浸透しないって本当?

「浸透する」といえばやっぱり化粧水ですよね。

 

「化粧水=浸透」というイメージです。

 

実際、化粧水をお肌に乗せたらスーッて染み込んでいってる感じがしますよね?

 

でも実はこれ、お肌の内部に浸透している訳じゃなかったんですよ。

 

私は浸透って聞くと、お肌の内部にまで有効成分が入って行って、内側からしかり保湿や効果を発揮してくれるイメージを持っていました。

 

でも実際は違いました。

 

じゃぁ、化粧水をお肌に乗せた時に染み込んでいくあの感覚はナニ?

 

それは肌の表面にある「角層(角質層)」に染み込んでいるだけだったんです。

 

この角層に水分を補給したり有効成分を行き渡らせるとお肌がうるおったように感じます。

 

これが化粧品の「浸透」なんです。

 

ん?角層って肌じゃ無いの?どこ?

アクアフォース,口コミ,効果,評判,評価

角層も肌といえば肌の一部なんですが、肌の一番表面の部分で厚さは約0.02mmしかありません。

 

サランラップと同じくらいペラッペラな部分なんですよ。

 

角層はこんなペラッペラなのに、外からの刺激を防ぐバリア機能を果たしています。

 

ですので、体や肌に悪いものはもちろん、肌に良い成分もそのままでは浸透しないんですよ。

 

ナノ化(めっちゃ小さく)して角層のスキマを通って次の層まで届けるか、合成界面活性剤でバリアを壊して、有効成分を届けるしか方法はありません。

 

肌の内部はデリケートなので、有効成分であっても濃度や量によっては肌トラブルの原因になるので、通常の化粧品では角層より深く浸透させることは、法律的にNGなんですよ。

 

そこで登場するのが医薬部外品(薬用化粧品)です。

 

医薬部外品は簡単に言うと薬ほど強くは無いけど、予防的な効果は十分にありますよと医学的に認められています。

 

ですので医薬部外品は角質層よりさらに深くまで浸透します。

 

でもその分、副作用の心配が出てきますし、その効果も一時的な回復であったりするデメリットもあります。

 

長い目で見てスキンケアを考えると医薬部外品で一時的な回復を目指すより、角層のバリア機能を破壊しないように通常の化粧品で日々のケアをするのが大切ですね。

 

アクアフォースは角層のうるおいにこだわった基礎化粧品

アクアフォース,口コミ,効果,評判,評価

その点アクアフォースは角層(角質層)をうるおいで満たして健やかな肌を目指します。

 

独自のうるおい保湿成分「ピュアアクアエッセンス」が角層全体をうるおいで満たし、そのうるおいを新成分「マグネットAQ」の効果で角層内につなぎとめておきます。

 

さらに水分でうるおした肌を空気中の水分を取り込む「うるおいキャプチャーヴェール」で包み込むことで、うるおいが長く続いてキメ細かい美肌へ導いてくれますよ♪

 

まとめ

普通の化粧品は肌の奥深くまで浸透はしません。

 

肌の表面にある角層までです。

 

ですので、その角層内部をどれだけ水分でうるおすことができるのかがポイントなんですね♪

 

人気の記事

アクアフォースの口コミは?
アットコスメでの評判は?【アクアフォースの良い口コミと悪い口コミを紹介】
アクアフォースの効果をビフォーアフターで紹介【配合成分まとめ】